屋根はもちろん、野立て、ため池フロートなど、数多くの実績を持ち、自社の発電所運営で培ったO&Mのノウハウで事業開始後もサポートします。また、太陽光発電と蓄電池を用いた省エネ提案やBPC対策の一貫としての設備システム提案も致します。

太陽光発電事業はソーラーパネルの研究開発、大規模生産および、そのコストダウン等の生産サイドの課題が最も大事なことは言うまでもありません。ところが、意外に見落とされているのは傾斜している屋根面で、安全・確実・正確に取付け工事がなされて初めて、お客様に引き渡し出来る商品になるということです。テレビや自動車のように、単品をそのまま引き渡せば終わりということにはならないということであります。

パネルメーカーや販売店は多数あれど、実は信頼できる施工会社が少ないのが現状です。当社の強みはまさにそこ。古くから屋根工事に特化し、磨き上げた技術力。その技術力を裏付けとして「屋根なら福原工業」とまで言われる知名度と信頼。関西2府4県の「トップ」にこだわり、大手メーカーとパイプを築き上げてきたこと。それらが私たちの強さの秘密です。

太陽光パネルは20年以上の耐久性があります。
屋根材もその耐久性と同等でなくてはなりません。

既存の塗膜が劣化したまま設置してしまうと、数年後に再塗装または葺き替えが必要になった場合、パネル・架台を外す必要があり費用がかかります。(約60万円)また、左記写真のように太陽光発電工事は問題無いにも関わらず、屋根材が劣化し、割れ等が発生し、雨漏れする場合があります。塗膜が劣化したカラーベストは葺き替え又は、再塗装が必要です。

塗膜が劣化によって、再塗装し設置をする場合でも注意が必要

塗膜が劣化していた為、再塗装し設置をする場合でも注意が必要です。
左記写真の様に縁切りがされてない場合は設置しなくても雨漏れが発生します。設置してしまった場合は、その責任は太陽光設置工事会社にかかってきます。

カラーベストの種類

カラーベストにも数多くの種類があります。その中には、割れやすい商品(左記写真上)、クレーム商品(左記写真下)、廃盤商品、あるパネルメーカーは設置可能でも他は設置不可な商品、さらに年代よってアスベスト含有など、太陽光設置の現地調査の際に注意が必要です。

産地・メーカーごとに瓦の規格・性能・色・型等が異なります。

A)生産地
全国には多数の瓦の産地があります。一般的に、和型といわれる瓦でも下記のように働き寸法が異なります。

B)生産年(古いものは型・寸法等が異なります。)
C)陶器瓦の種類
 本葺き瓦、和瓦、スパニッシュ瓦、S瓦、平板瓦、波板瓦など多岐に渡り、先に述べたように産地・メーカーによって、それぞれ寸法がことなります。
その他1棟の屋根に葺かれている瓦の役物(部品と言っても良い)が20種類程度あり、いずれもA)、B)、C)によって相違します。従って、日本中の屋根に葺かれている主体的な瓦とその役物(部品)の組合せは非常に多いと言えます。
既築瓦のソーラーパネル取付工事において、既存瓦との調整工事を行う場合において、以上のことを熟知している必要があります。それを熟知するには、相当の経験年数が不可欠であり、且つそれらの材料の調達能力も必要です。

取付には最も注意が必要です。

Aメーカーによっては、太陽光の金具を垂木留めしなければなりません。しかし屋根の上から垂木を探すのは容易ではありません。垂木を外すと風圧に対して十分な強度が確保できず、パネルが飛んで行く危険があり、そのような事例も起きています。また、留めたビスの止水処理がきちんと行われていない為に、雨漏れが発生する事例も起きています。今は雨漏れしていなくても、5年、10年後に発生することもあります。取付は最も注意が必要です。

ポイント 取付は屋根工事です。

屋根上での作業は高所作業であり、アスベスト等を触る機会もあります。上記の屋根診断でアスベスト含有がわかった場合、当社では周辺環境に配慮し適正に作業を行います。また、夏場は40℃以上になり、冬場は霜が降りて大変危険です。その為、ID研修を受講したからといって研修の成果を実際の屋根上で実践するのは容易ではありません。当社では日々屋根工事を行っている職人が取り付けを行いますので、先に述べた用はことは一切ありません。

  • 借地で20年後に現状回復で返却の場合、鋼管杭を採用
  • 地盤が岩盤で掘削が困難な場合、PCコンクリート置き型を採用
  • 所有権を持ち永続的に発電事業が行う場合、コンクリート基礎を採用

  • 積雪地域に対応した架台(30度、GLから+1,000の柱脚)
  • 他社が対応出来なかった特殊屋根材でも個別設計にて対応
  • フラットな折板屋根に傾斜をつけて太陽光を設置

  • 短工期にも専属職方350人で対応
  • 屋根工事の職方が行う設置工事で安心
  • 屋根に穴あけが必要な設置で、福原工業を指名

  • 規模に応じた定期点検で発電設備を管理
  • 都度見積りで必要なメンテナンスのみを行う
  • 年間契約で必要なメンテナンスをワンパックに

太陽光発電システムの機器は高価な物です。それを現場に放置すると盗難や破損の危険があります。現場には必要な時にジャストインタイムで資材を搬入する必要があります。
そこで重要なのが2次配送(倉庫~現場への発送)です。
当社は、600坪の大型物流倉庫と60台の配送トラックを保有しております。事前に資材を倉庫に保管し、必要な時に、搬出するジャストインタイム物流が可能です。

先進の人材育成システムで順調な売上拡大。

今や西日本NO.1の完工実績。
2011年は年間完工5,500棟達成。

施主の満足をお約束するマナーと技術を備えています。

ペースである屋根工事業でのお客様は、ハウスメーカー・ディベロッパー・ゼネコン・地域ビルダー・工務店様など『プロ』企業集団であります。プロのお客様に信頼の施工でお応えしたい。定期的な施工技術の認定、技術・安全講習に留まらず、社会人としてのマナー、CSに至るまで徹底的に教育を実施することで、より高い施工品質とより優れたCSや安全を実現しております。

配送能力に自信あり。2次配送可能。

現場にジャストタイムで、資材等の搬入を行う為、60台の2次配送能力と600坪の大型物流倉庫を備えています。

先進の人材育成システムで順調な売上拡大。

今や西日本NO.1の完工実績。
2011年は年間完工5,500棟達成。

施主の満足をお約束するマナーと技術を備えています。

ペースである屋根工事業でのお客様は、ハウスメーカー・ディベロッパー・ゼネコン・地域ビルダー・工務店様など『プロ』企業集団であります。プロのお客様に信頼の施工でお応えしたい。定期的な施工技術の認定、技術・安全講習に留まらず、社会人としてのマナー、CSに至るまで徹底的に教育を実施することで、より高い施工品質とより優れたCSや安全を実現しております。

配送能力に自信あり。2次配送可能。

現場にジャストタイムで、資材等の搬入を行う為、60台の2次配送能力と600坪の大型物流倉庫を備えています。

先進の人材育成システムで順調な売上拡大。

今や西日本NO.1の完工実績。
2011年は年間完工5,500棟達成。

施主の満足をお約束するマナーと技術を備えています。

ペースである屋根工事業でのお客様は、ハウスメーカー・ディベロッパー・ゼネコン・地域ビルダー・工務店様など『プロ』企業集団であります。プロのお客様に信頼の施工でお応えしたい。定期的な施工技術の認定、技術・安全講習に留まらず、社会人としてのマナー、CSに至るまで徹底的に教育を実施することで、より高い施工品質とより優れたCSや安全を実現しております。

配送能力に自信あり。2次配送可能。

現場にジャストタイムで、資材等の搬入を行う為、60台の2次配送能力と600坪の大型物流倉庫を備えています。